電気で不調を整える

運動する高齢者

電位治療器はマッサージ器のように物理的な力で身体の不調を整えるものではなく、電気によって治療を行うものです。頭痛や肩こり、不眠症や慢性的な便秘の解消を目的としており、持続して続けることで高い効果が期待できます。電位とはマイナスやプラスの電極を持つエネルギーのことを言い、電位のある空間を電界と呼んでいます。電位治療器は、電極間や電極からアースの間に高電圧をかけて電界を発生させ、その中に人間の身体を置くことで治療をする機器のことです。電位治療器の原型は日本の医学博士が発明したものですが、きっかけとなったのはドイツの医学雑誌だと言われています。「高圧送電線の下に長く住んでいる人に結核患者はおらず、また、農作物の収穫量も多い」という記事が掲載されており、この記事を参考に電位負荷を利用した治療器が開発されました。電位治療器には出力電位によって高圧と低圧の二つのタイプがあり、使用方法や使用時間も異なっています。高圧のものは椅子の形状をした機器に腰掛けて使用し、使用時間も1時間以下と決められています。低圧のものは通電シートを用いて仰向けに寝転ぶ状態で使用します。使用時間は8時間以下と長く設定されています。

電位治療器は様々なメーカーから製品が販売されています。使用方法は相違ないですが、デザインやサイズ感、設置の際の利便性などが大きく異なります。また機能面でも違いがあり、操作メニューの豊富さや使用用途の幅広さ、オプションの充実化などメーカーによって様々です。口コミサイトも多く存在しており、実際に体験した人の声を聞くことができるほか、販売されている製品の比較を行っていることが多いです。参考になるように丁寧に掲載されているサイトも多いため、購入を検討している人には最適だと言えます。電位によって発生している電界に身をおいて身体の不調を治す電位治療器ですが、電圧によって感電するのではというような心配をする人も少なくありません。電気の性質は様々なため、電荷が流れる電流が身体に触れてしまうと勿論感電してしまいます。電位治療器は感電の危険性を排除するため必ず片側は絶縁する工夫がなされています。しかし、使用中に金属物に触れたり、使用者では無い人でも動作中の電位治療器本体や周辺にある金属物などの導電物に触れるのは大変危険です。使用する場合には注意が必要です。

電位治療器の特徴

空を見つめる男性

電位治療器とは医療機器の一種です。日本では医療施設で扱うものと家庭で扱えるものの二種類あります。電位治療器が持つ効果は認証基準をクリアした機器として法律で認められたものになります。

Read More

頭痛や肩こりの治療

足を治療する男性

電位治療器は電気の力で肩こりや腰痛を治療する治療器です。日本では高齢化の進行によって肩こりや腰痛に悩む人が増えており、電位治療器のニーズは年々高まりを見せています。

Read More

電位治療器の今後

走る女性

電位治療器は電気の力を使って体の疲れや病気を改善させるため、使用においては金属製の品を付近に置かないなどの注意が必要です。今後の需要について大きな期待がされていると考えられています。

Read More